日本では、鎖国の影響もあり宝飾品がなかなか入ってこなくて、指輪をするという概念もなかったようです。

日本の指輪の歴史は、明治時代の開国をしてからというまだ浅いもののようですね。

指輪は、西洋では貴族が身に着けるものとして男性にもなじみがありましたが、日本では貴族文化が根付いていなかったこともあり、男性が宝飾品を身に着けることはなかったようです。

ですので、結婚指輪という概念は定着しなかったようです。

結婚式も西洋と和ではだいぶ異なりますしね。

日本に、本格的に結婚指輪が根付いたのは戦後になってから。

西洋の文化に触れる機会が多くなり、どんどん広まり、結婚指輪も受け入れられるようになってきました。

婚約指輪を送る習慣ができたのもこの時期ではないでしょうか?

また、色々なところで結婚指輪はスポットライトを浴びることになったのです。

戦後、どんどん入ってくる西洋文化や日本のめまぐるしい成長で昭和40年頃になると結婚したら結婚指輪をするという習慣が根付いていったようです。

彼のおじいちゃんとおばあちゃんは、終戦の3年後に結婚されたそうです。

ちょうど、結婚指輪が根付き始めた頃ですね。

指輪のはじまりの頃に着けていらっしゃった、とてもモダンなおふたりだったのでしょう。

私たちふたりも大切にしていきたいおばあちゃんからの結婚指輪です。